親のゲームのし過ぎが理由で子供が保護施設へ

両親がゲームをし過ぎているという理由で子供が施設へと保護されたようだ。ソーシャルワーカーは状況がネグレクトの域まで達したとしてその子供を保護することに決めたという。チャリティ団体キッズスケイプ主任は「コンピュータゲームの使用量はすさまじかったようです。あの両親はスクリーンに何時間も向かっていたと見られます」「もし子供が養育を放棄されていたり危険な状況に遭った場合は、法的機関が介入する必要があるのです。でもそのバランスは難しいものです」と話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop