ジャネット・ジャクソン、命日にアリーヤに追悼メッセージを捧げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャネット・ジャクソンが友人アリーヤの14回目の命日にあたる25日(火)に追悼の意を捧げた。ジャネットは2001年にバハマで起こった飛行機墜落事故により22歳という若さでこの世を去ったR&Bシンガーのアリーヤに向けての手書きのメッセージを写した写真をツイッターで公開した。「あなたと共有したものは、神聖で、永久なもの、そして純粋でずっと続くのよ。アリーヤ大好きよ。安らかに眠ってね」さらに、ジャネットは「あなたが私を見守ってくれているってわかっているわ」とその写真にキャプションを付けている。

アリーヤが他8人と共にチャーター機の墜落事故で命を落とした直後にMTVビデオ・ミュージック・アワードで受賞を果したジャネットは、その席でもアリーヤを追悼していた。

さらに、ジャネットはアリーヤがまだ生きていた頃にアリーヤの大ファンであるとヴァイブ誌に話していた。「彼女は本当に才能があると思うの。彼女の音楽が大好き。アルバムの中で表現していることが大好き。彼女の声を聞くのも大好き。美しいと思うわ。彼女は美しいわ」

ジャネットのほかにも、ミッシー・エリオットやグラディス・ナイトもアリーヤに向けて追悼メッセージをツイートしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop