リリー・アレン、セレブ専用出会い系サイトに登録!?

リリー・アレン(30)が出会い系アプリRayaに登録したと言われている。夫サム・クーパー(37)との間に2児を持つリリーが著名人の恋人探しを支援することを目的としたセレブ版ティンダーとも言われる同アプリにプロフィールを持っているという。紹介制となっているこのアプリは、「有名人およびソーシャルメディアで影響力を持つ人物」向けと説明されている。

そんな出会い系サイトに登録したと言われるリリーだが、夫サムとの関係に暗雲が漂っているわけではないそうで、関係者たちはザ・ミラー紙に「何も変わってはいません。リリーとサムは順調な結婚生活を送っています」と話している。

一方でリリーは最近、アンチエイジングのために1時間80ポンド(約1万5000円)のフェイシャル・トレーナーを雇ったとも言われており、オンラインで私物を売りだしたことも話題になっていた。先日リリーはツイッターで「私がほとんど着ていない服を、素晴らしいヴェスティエールで買いたい人はいるかしら?行ってちょうだい」とそのニュースを発表していた。その際には高級ブランド品を販売していたリリーだが、ほとんどの洋服は「ストリッパー向けのお店」から買っているという衝撃の事実も明かしていた。「実はストリッパー向けのショップからたくさんのアイテムをゲットしているのよ。たくさんのお金を使っていると思う。全てにおいてTPOがあると思うけど、間違った場所で間違ったものを着るのが好きなの」「特別だって分かるヴィンテージ物も好きね。会話を始めるときの話のネタにもとても良いのよね。服は話のネタになるべきよ。服に大金をつぎこんだら、みんなそれを話題にするかもしれないでしょ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop