ロシア国境をかかしが警備!?

ロシアと中国の国境にかかしが設置されたそうだ。同江市とニシュネレニンスコエ間を結ぶシベリア鉄道の鉄橋の工事が行われる期間中、「警備」として設置されたものと見られているそのかかしは、工事の進歩状況を視察するために招かれた報道陣によって発見されたという。

この「兵士」とされるかかしはロシアの軍服を着ているそうだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop