ジム・パーソンズ、最も収入の高いテレビ俳優に

『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』のジム・パーソンズが2015年度で最も収入の高いテレビ俳優に輝いた。ジムが同人気番組のシェルドン・クーパー役で2900万ドル(約35億円)を稼ぐ中、レナード・ホフスタッター役を演じているジョニー・ガレッキも2700万ドル(約33億円)で2位に続いた。そして『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のマーク・ハーモン、同じく『ビッグバン★セオリー』のサイモン・ヘルバークとクナル・ネイヤー、『ハーパー☆ボーイズ』のアシュトンカッチャーがそれぞれ2000万ドル(約24億円)で同率3位となっている。

さらには『ハーパー☆ボーイズ』のジョン・クライヤーが続く中、2005年にシリーズが終了している『HEY!レイモンド』のレイ・ロマーノが1500万ドル(約18億円)で同率7位につけ、『メンタリスト』のサイモン・ベイカー、『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』のパトリック・デンプシーがそれぞれ1200万ドル(約14億円)を稼ぎ出し、トップ10を締めくくる結果となった。

『ビッグバン★セオリー』のメインキャストのジムとジョニー、ケイリー・クオコの3人は、1話ごとに100万ドル(約1億2000万円)のギャラをもらっていると先日報じられていたため、上位を同ドラマのキャストが独占しているこの結果も納得といったところだ。

フォーブス誌による2015年度最も収入の高い俳優トップ10:

1.ジム・パーソンズ 2900万ドル

2.ジョニー・ガレッキ 2700万ドル

3.マーク・ハーモン 2000万ドル

3.サイモン・ヘルバーク 2000万ドル

3.クナル・ネイヤー 2000万ドル

3.アシュトンカッチャー 2000万ドル

7.ジョン・クライヤー 1500万ドル

7.レイ・ロマーノ 1500万ドル

9.サイモン・ベイカー 1200万ドル

9.パトリック・デンプシー 1200万ドル

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop