ジェニファー・ローレンスとエイミー・シューマー、ビリー・ジョエルのステージに参加!

ジェニファー・ローレンスとエイミー・シューマーが27日(木)にシカゴで行われたビリー・ジョエルのコンサートでビリーのピアノに合せて踊ったそうだ。現在脚本を共同執筆中のジェニファーとエイミーは、エイミーの新作映画『トレインレック』の挿入歌になっているビリーの『アップタウン・ガール』の演奏中にステージに現れ、曲に合わせてダンスをしたほか、ジェニファーがエイミーの裸足の脚にキスをしたり、エイミーがピアノに登ったりするパフォーマンスを見せたそうだ。

このコンサートの前に2人はリグレー・フィールドの会場でビリーとリハーサルまでしていたそうだ。

2人は『トレインレック』を見たジェニファーがエイミーに連絡を取ったことをきっかけにすっかり親交を深めたそうで、ジェニファーはそのいきさつについて「私が『トレインレック』を見た後に彼女にEメールをして『なんて言えばいいかわからないんだけど、あなたに恋しているって言ったらいいかしら』って伝えたの。そうしたらそこからメール交換がはじまって、その後携帯メールをするようになったの。すごく気が合っちゃって今にいたるってわけ」と説明していた。

そこから脚本を共同執筆する話になり、その作品では共演もする予定なのだそうで、ジェニファーはニューヨーク・タイムズ紙に「私たちは姉妹を演じるの。ほとんど書き終わったわ。一気にアイデアが出てきたのよ。もう100ページくらいは書いたわね」「エイミーと私は間違いなくクリエイティブな面で最高のパートナーだわ。人生で最高に楽しい経験をさせてもらっているの。電話で笑いながら1日がスタートして、お互いにページを送り合って大笑いするの」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop