クロエ・カーダシアン、花火を巡って近隣住民から訴えられる

クロエ・カーダシアン(29)とクリス・ジェンナーが先週行った打ち上げ花火を巡り、近隣住民から訴えられている。クロエは8月25日、カリフォルニアのマリーナ・デル・レイ地区でNBAヒューストン・ロケッツでバスケ選手として活躍する恋人のジェームス・ハーデン(26)のために船上誕生日パーティーを開き、15分間に渡って花火の演出をしていたが、そんな意図に反して同地区の近隣住民は攻撃の的になっているような恐怖を感じたようで、12世帯が団結してカーダシアン家を相手取り小額裁判所に対して訴えを起こした。

住民の1人は子供が「完全に怖がっていた」とコメントし、他の住民は持病の多発性硬化症がその花火があってからというもの悪化しているとしている。

それぞれの世帯は小額裁判所に対して要求可能な最高額7500ドル(約90万円)ずつを求めているのに加え、クロエとクリスに直接対面することも希望しているという。

ファンタジー号で開催されたジェームスの26歳の誕生日パーティーには、キム・カーダシアン・ウェストとその夫カニエ・ウェスト、クリスと恋人のコーリー・ギャンブル、タイガとケンダル・ジェンナー、カイリー・ジェンナーらお馴染みのカーダシアン一家を含む200人もの豪華なゲストが参加していたという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop