エミー・ロッサムが婚約!

映画『オペラ座の怪人』などで知られるエミー・ロッサム(28)が婚約した。エミーは先週末、ドラマ『ミスター・ロボット』のクリエイターとしても知られる交際中のサム・エスメイル(37)からロサンゼルス内でプロポーズを受け、婚約に至ったようだ。彗星の降る夜に出会ったジャスティン・ロング演じる男性と長年の恋愛ドラマを繰り広げる主人公をエミーが演じたエスメイルの監督作『コメット』をきっかけに知り合った2人は、それ以来2013年8月から2年間に渡って交際していた。この嬉しいニュースをエスメイルは自らツイッターで「今年受け取った中で最高のニュースだよ。エミー・ロッサムが『イエス』って言ったんだ。これ以上嬉しいことがないのは間違いないだろうね」と発表している。

音楽プロデューサーのジャスティン・シーゲルと2008年から2010年まで結婚歴のあるエミーだが、エスメイルと交際を始めて以来、2人は頻繁にラブラブな姿をエスメイルのソーシャルメディアに投稿していた。

またエミーは以前にあるインタビューの中でも再婚の意志があることを明かしており、「出来たらいいと思っているわ。正直言って、前回結婚した時はあまりにも若くて結婚というものの意味が分かっていなかった気がするの。私の両親は結婚していないから学校でそれをからかわれたりもしたわ。だから結婚というものが頭の中でずっと美化されていて、焦ってしまったんだと思うの」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop