カレン・ギラン、『ザ・サークル』に出演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレン・ギランが新作『ザ・サークル』に出演することになった。秀才たちをたくさん集め巨大オンラインコミュニティーを構築していくストーリーを描くこの作品への登場が決まったカレンは、既に出演が決定されているトム・ハンクス、ジョン・ボイエガ、エマ・ワトソンらと共演することになる。

2013年に発表されたデイヴ・エガーズ著作の同名小説を基にした同作品の中で、エマはザ・サークルとして知られるソーシャルメディア会社に就職することになった大学を卒業したばかりの女性、メイ・ホランドを演じる。

集められた秀才たちは、ユーザーのEメールアカウント、ソーシャルメディア、銀行取引、オンラインショッピングなどをウェブ上で結合し、透明性かつオープンな「ボタン1つで残りの人生をネットにゆだねる」ことを可能にするユーザー・インターフェイス「トゥルーユー」を開発し、現代のセレブのようにもてはやされる。トムは社長のダンを演じる一方でジョンはチームを率いるタイ役を演じ、今回出演が決まったカレンもひときわ賢いザ・サークルのメンバーの1人アニーを演じることになったとデッドラインが報じている。

カレンは同作品の他にも『ザ・ビッグ・ショート』『イン・ザ・ヴァリー・オブ・バイオレンス』に出演が決定しており、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編ではネブラ役を続投することになっている。

そんなカレンの出演も決まった『ザ・サークル』は2017年4月公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop