ブリトニー・スピアーズ、コンサート中に男性客に暴言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリトニー・スピアーズがラスベガスでのコンサート中に男性客を侮辱するような発言をしたようだ。同地開催中の長期公演「ピース・オブ・ミー」のステージでブリトニーは「見てよ、女性たちはすごく美しいわね。でも男性は正直言って私の足でもなめてろって感じね。でも女の子のみんな、愛してるわ!」と発言したという。

そんなブリトニーは今年になってからプロデューサーのチャーリー・エバーソルと破局しており、シングルライフがとても意味のあることだと発言していたこともあった。2人はいまだに友人関係を維持していると思われているが、破局の原因はチャーリーに結婚する気がなかったからだと言われていた。ある関係者は「ブリトニーは何か月かに渡ってチャーリーに結婚のプレッシャーをかけていたんです。また子供が欲しいと思っていますし、また結婚したいとも思っていますからね。でもチャーリーはまだ結婚するつもりがない意志をずっと明らかにしていたんですよ」と話しており、別の関係者も「ブリトニーには色々問題があるので、若い独身男性にとってはあまりにも手一杯だったんです。ブリトニーがいまだに後見人の保護下にあるという事実が多くを語っていますからね」「ブリトニーはまだ自分のことを管理できないんです。チャーリーはそんなブリトニーの父親的存在にはなりたくなかったんです。ブリトニーからそれを求められてチャーリーは逃げ場がないような気分になってしまったようです」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop