トリ・スペリング、第三度熱傷で日本食レストランを訴える!

『ビバリーヒルズ高校白書』などで知られるトリ・スペリングが第三度熱傷を負ったとしてレストランを訴えた。トリは日本食チェーン店のベニハナのカリフォルニア州エンシノ店を訪れた際に転んでやけどを負ったとして同店を訴えていると報じられている。その訴訟内容では、トリが火鉢に転倒したことで第二度から三度熱傷という重傷を負い、入院したとされているとゴシップサイトのTMZは報じている。

レストランでその様子を目撃した人物の1人は、今年の4月に起きたその事件の際、トリは平気な様子を装っていたと話していた。「トリが立ちあがった時に足をつまずいて、熱い鉄板に向かって後ろに転んでしまったんです。彼女はすごいやけどを右腕の後ろに負っていて痛みで叫んでいました」「明らかに痛い様子でしたが、トリは明らかに心配している様子のまだ小さな4人の自分の子供たちのために平気な顔を装っていました。(夫の)ディーンもすごく動揺した様子でしたが、子供たちを心配させないように出来るだけ平静を装っているのが分かりました」

その事件後、医師から皮膚移植を勧められたと見られており、そのことによって大きな赤い傷跡が出来てしまっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop