ヒュー・ジャックマン、ALSアイス・バケツ・チャレンジ促進活動開始!

ヒュー・ジャックマンがALSアイス・バケツ・チャレンジ2015の促進活動を開始した。昨年大流行した筋萎縮性側索硬化症(ALS)への関心と寄付金を募ることを目的とした、氷水をかぶるALSアイス・バケツ・チャレンジに昨年参加しなかったヒューは、今回その様子をおさめた自身の動画をインスタグラムに投稿し、運動ニューロン病の一種であるこの難病への募金活動を再び促進しようと試みているようだ。

投稿された動画では白いシャツにボウタイを締めたヒューが風呂場で膝をつき、氷水の入った赤いバケツを手に「このALSアイス・バケツ・チャレンジ、僕が出遅れたのは分かってるんだ。これからも続けていこうぜ!」とコメントし、氷水をかぶる様子を見ることが出来る。

昨年世界中で約1700万人の人々が氷水をかぶり、1億1500万ドル(約137億円)の募金を集めることに成功したALSアイス・バケツ・チャレンジをALS協会は前月、再び促進したいと発表していた。

昨年にはデビッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻、ベネディクト・カンバーバッチ、ブリトニー・スピアーズ、オプラ・ウィンフリー、カーラ・デルヴィーニュ、ジェームズ・フランコらもこのチャレンジを実行している。

そんな中、19年間の結婚生活を送る妻デボラ=リー・ファーネスと共にチャリティー活動を意欲的に行っていることで知られるヒューは最近、新作『PAN ネバーランド、夢のはじまり』の宣伝活動や自身のショー『ブロードウェイ・トゥー・オズ』の準備などに忙しくしているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop