クリス・ブラウン、 警備チームを強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ブラウンが新たに5人のボディガードを雇い警備チームを強化したようだ。ここ数か月二ア・グスマンと娘ロイヤリティちゃんの親権争いを繰り広げ共同親権を求めているクリスだが、7月に自宅に強盗が侵入しおばが拳銃で脅された事件を受け二アから娘に対する警備が不安だと主張されていた。そんな経緯もあり、クリスは「ワン・ヘル・オブ・ア・ナイト」ツアー中に何も問題が起こらないことを確実にするために警備スタッフを増員したと伝えられており、2週間後に控えている娘ロイヤリティちゃんとの共同親権を巡る二アとの裁判に備えるつもりのようだ。 

クリスは1人の警備スタッフに常時現金、宝石類の管理を徹底させる意向であり、自身の許可無しではバックステージへの入場を許可しないルールを敷いているのに加え、TMZによると全てのダンサー陣やスタッフに対して適切に行動しなかったら退出させるとまで伝えているようで、相当神経質になっている様子が伺える。

クリスが娘とツアーを一緒に回ることになった際には、ツアーバスの同乗者に新たなルールを設けたと以前関係者の1人が話していた。クリスは友人達にタバコ、アルコール、乱暴な言葉を禁止し、ツアーに追っかけを同伴させることを認めなかっただけでなく、娘のためにディズニー映画を大きなスピーカーで流すとさえも発言していたようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop