ケイト・ブランシェット、米大女優伝記映画に出演決定!

ケイト・ブランシェットが今は亡きアメリカの大女優ルシル・ボールの人生を描いた映画に主役として出演することが分かった。米人気ドラマ『ザ・ホワイトハウス』の脚本家アーロン・ソーキンが執筆した同作品は、1950年代に放送されたシットコム『アイ・ラブ・ルーシー』でW主演を果した元夫デジ・アーナズとルシルの実際の結婚生活を中心に描く。現時点では監督は決まっていないものの、プロデューサー陣にはルシルとデジの子供ルーシー・アーナズとデジ・アーナズ・Jrが決定している。

1940年から1960年の20年間に渡って結婚していたルシルとデジは、『スター・トレック』や『ミッション:インポッシブル』などの製作を手掛けたTVスタジオ、デジルを設立していた。

2人の破局後の1962年にはルシルが同TVスタジオを買い取り、女性が代表となって運営するTVスタジオとしては初の大規模スタジオに成長させ、1967年まではルシルが単独で同社の運営を担っていた。その後、現パラマウント・テレビジョンの前身にあたるガルフ+ウェスタンにその運営権を売却した。

ルシルの代表作の中には1962年から1968年放映の『ルーシー・ショー』や2人の子ども達とも共演した1968年から1974年放映の『陽気なルーシー』などがある。

コメディアンのゲイリー・モートンと1961年に再婚したルシルは1989年に77歳でこの世を去った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop