マルーン5、韓国公演を延期 

マルーン5がフロントマンのアダムレヴィーンの体調不良を理由に韓国公演を延期した。つい先日来日公演を成功させたばかりの同バンドだが、アダムが首の筋肉に問題を抱えていることを理由に5日(土)に大邱で予定されていた公演を10日(木)に延期した。

開演2時間前にこの決定を発表したマルーン5だが、アダム自らも首にサポーターを付けた痛々しい姿の写真をインスタグラムに投稿し、「みんな、日程変更になって申し訳ない...木曜日に会おうね!」と謝罪のメッセージを添えており、マルーン5の公式ツイッターでも「申し訳ありませんが、今夜の大邱公演は9月10日(木)に延期させていただきます」と発表されている。

そんなマルーン5は当初、大邱とソウルでの1公演ずつを予定していたが、前売りチケットの販売開始5分で完売に至ったためソウルでの追加公演を決定していた。

キャリア初となるベスト盤『シングルス』が今月25日リリースされる同バンドはワールドツアーの一環として日本では今月2日(水)に横浜アリーナで単独公演を行い、大ヒットの数々を披露したほか、アダムが「アリガトウゴザイマス!」と言って観客の声援に応えるなど大盛り上がりをみせていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop