アンバー・ハードの愛犬を巡る裁判、延期へ

アンバー・ハードの愛犬を巡るオーストラリアでの裁判が11月まで延期されることになったという。ジョニーデップの妻アンバーは今年4月に夫妻の愛犬2匹を許可なく違法でオーストラリアに持ち込んだとして告訴されており、7日(月)にクイーンズランドの裁判所に出廷する予定であった。しかしBBCニュースによるとアンバーは予想通り裁判所には現れず、その裁判は11月2日に延期されることになったという。

そんなアンバーは先週末、イタリアのベネチアで行われていたジョニーの新作映画『ブラック・マス』のプレミア試写会にジョニーと共に登場していた。

ジョニーとアンバーはこの愛犬持ち込み問題でオーストラリア農林水産省と外交的な問題を起こしており、さらにアンバーは虚偽文書作成の罪で告発されている。この裁判でアンバーに有罪判決が出た場合、10年の懲役刑を与えられる可能性もあるという。

アンバーとともにレッドカーペットに登場したジョニーは『ブラック・マス』の記者会見の際にオーストラリア農産大臣バーナビー・ジョイス氏の即出国させなければ殺処分にすると発言を模倣し「犬たちは殺して食べちゃったよ。オーストラリアのうんざりするようなでかい男に直接命令されたからね」とダークなジョーク発言をしたと報じられていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop