サム・スミス、『007』最新作の主題歌を歌うことに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サム・スミス(23)が新作『007 スペクター』の主題歌を歌うことになった。「007」シリーズ24作品目となる本作の主題歌『ライティングス・オン・ザ・ウォール』を自身と同じくグラミー賞受賞歴のあるジミー・ネイプスと共同で執筆したサムは、1965年以来初のソロ英国人男性として同シリーズのテーマ曲を歌うようだ。

この栄誉ある役を受けたサムは「これは僕のキャリアの中でのハイライトの1つです。次の『007』の主題歌を歌うことになったことを遂に発表することを誇りに思います。イギリスが生んだこの代表的なシリーズに参加すること、ある意味最も大きな影響を僕に与えてくれた素晴らしい人々と共に名を連ねることになることにとても感激しています。僕がこの曲を作るのを楽しんだように、皆さんも楽しんでくれると嬉しいです」とコメントする。

続いて同作のプロデューサーを務めるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリは「サムとジミーは『007 スペクター』のために最大限にインスピレーションを与える曲を書いてくれました。サムの非凡な歌声と共に『ライティングス・オン・ザ・ウォール』は『007』史上かつてない最高の曲の1つとなることは間違いないでしょう」と話す。

前作の『007 スカイフォール』で同タイトルの主題歌を歌い上げたアデルは、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞で歌曲賞、ブリット・アワードで最優秀ブリティッシュ・アルバム賞、グラミー賞でベスト・ソング・リトゥン・フォー・ヴィジュアル・メディア賞を獲得し、高い評価を受けていた。

そんな『ライティングス・オン・ザ・ウォール』は12月4日の映画日本公開に先駆けて今月25日にリリースされる予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop