チャーリーXCX、リアーナの新作アルバムに楽曲提供?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャーリーXCXが延期となっているリアーナのニューアルバムに向けて楽曲提供をしているようだ。気に入った曲が足りないことで新作の制作が遅れているリアーナを助けようと、チャーリーは喜んで作曲に取り掛かったそうで「私はリアーナの大ファンだし、彼女って素晴らしいアーティストだと思うの。私のお気に入りのポップスターだわ。彼女って本物よ。実際のところ、リアーナのニューアルバムに向けて2,3曲書いたの。書き上げるのが楽しかったわ」とデイリー・ミラー紙に語った。

一方でチャーリーは2014年発表の『サッカー』に続く新作がパリス・ヒルトンをテーマにしたものであると明かしており、「私がこれまでやった中で一番エレクトロ・ポップなサウンドであることは間違いないわ。パリス・ヒルトンと子犬たち、それにグリッター、ラグジュリーなライフスタイルからすごくインスピレーションを受けたの」「パリスに直接会ったことはないんだけど、今年のカンヌ映画祭中に開かれたamFARガラでは同じ会場にいたみたいなの」「私はパフォーマンスをしていて、パリスが一緒に歌ってくれているのを見て興奮したわ」「私は彼女の大ファンだし、私が最高に好きな曲の1つは『スターズ・アー・ブラインド』なの。ポップ界の傑作よ」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop