トム・クルーズ新作撮影現場で飛行機墜落事故、スタッフ2人が死亡

トム・クルーズ主演の新作映画『メナ』の撮影現場でスタッフを乗せた飛行機が墜落し、2人が死亡する事故が起きた。コロンビアの民間航空局によると11日(金)、コロンビアのアンデス山脈で小型機が墜落し、ロサンゼルス在住の撮影パイロットを含む2人が死亡し、1人が重症を負ったという。

ユニバーサルの広報担当者は「『メナ』の撮影終了後、メデジンにあるエンリケ・オラヤ・ヘレーラ空港に戻ろうとしていたところ、撮影クルーを乗せた飛行機が墜落し2人が亡くなりました」「現時点ではこれ以上の詳細をお伝えすることが出来ません。制作チームを代表して、この辛い時期にクルーやその家族のみなさんへ祈りを捧げています」とコメントを出している。

墜落した飛行機にトムは乗っていなかったという。

現在のところアメリカ人のアラン・ピュアウィンさん、コロンビア人のカルロス・バールさんの2人が死亡し、アメリカ人のジミー・リー・ガーランドさんが集中治療室で治療を受けていることが分かっている。

CIAのために情報を提供する麻薬の運び屋を描く『メナ』はコロンビアの第2の都市メデジンで撮影が行われていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop