ポール・ウォーカー娘がチャリティー団体を設立!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故ポール・ウォーカーの娘メドウ・ウォーカーは亡き父の42歳の誕生日にポールを称え新たなチャリティー団体を立ち上げること発表した。12日(土)、自身のインスタグラムに2013年11月に悲劇的な自動車事故で亡くなったポールと共に写った自身の小さなころの写真を投稿したメドウは父ポールのことを振り返りながら心温まるメッセージとともに亡き父の名誉を称え、新たなチャリティー団体を創立することについて「父の事を想っていると、私が彼の情熱に自分自身を重ねあわせていることに気がついたの。海への情熱、動物たちを助けることへの情熱、人々を助けることへの情熱、それから自発的な善意への情熱などよ」「彼のこんな情熱を世界と共有したくて私はこのチャリティー団体を立ち上げることにしたの」「父の誕生日にポール・ウォーカー・ファウンデーションを立ち上げることをとても誇りに思うわ。父の誕生日を祝うためにこれ以上素敵な方法は思いつかないのよ」とコメントしている。

その一方で、『ワイルド・スピード SKY MISSION』の共演者でもあったヴィン・ディーゼルは8月に行われた2015年度ティーン・チョイス・アワードでアクション/アドベンチャー映画賞を受け取った際、檀上でポールに対し「僕たちにとってとても、とても、とても大切な人の事を語らずしてこの壇上に立って賞を受け取ることなんてできません」「僕たちの人生の中で最高の恩恵の1つはポールのことを兄弟と呼ぶことができたことでした。ポール・ウォーカーはいつも私たちの心の中にいます」と心温まるスピーチを行っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop