シュワちゃん、米版『セレブリティ・アプレンティス』司会者に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーノルド・シュワルツェネッガーが米版『セレブリティ・アプレンティス』の新たな司会者に抜擢された。シュワルツェネッガーは米大統領選への出馬した大富豪ドナルド・トランプの後任として米NBC気番組の2016-2017年シリーズの司会を担当することになり、自身のツイッターで「僕はとても感激しているし、みんなからのツイートを光栄に思っているよ。幹部会議で自分の今までの経験を生かし、チャリティーのために多くの寄付金を集めること待ちきれないね」とツイートしている。

さらに同番組を成功に導いた実業家のトランプも自身のツイッターでシュワルツェネッガーに対しメッセージを送っており「『セレブリティ・アプレンティス』の次シーズンの司会を務めることになった友人であるアーノルド・シュワルツェネッガー、おめでとう。彼はきっとうまくやるだろうし、チャリティーのために多くのお金を集めることができるはずだよ」「僕がこれ以上この番組に出ることが出来ないのはファンのみんなには申し訳ないけど、大統領選挙に向けた時間の都合で出来なくなってしまったんだ」とコメントしている。

そして同番組のプロデューサーを務めるマーク・バーネットも「公職のために同番組を去ったドナルドは『ザ・セレブリティ・アプレンティス』がこれからも価値あることに使うことの出来る多くの寄付金を生み出していきたいと考えていました。そしてNBCはまさにそれを実現するための新たな素晴らしいリーダーを見つけたのです」「シュワルツェネッガー元州知事は彼のビジネス、政治、メディアでの膨大で広域に渡る成功した経験を用いてこの大人気シリーズに更なる成功をもたらしてくれることでしょう」とシュワルツェネッガーへの期待を明らかにしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop