カニエ・ウェスト、ショー関係者に厳しい秘密保持契約を要求!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カニエ・ウェストが自身のランウェイショーに出演するモデルたちがカニエやその家族のことを話すところを見つけたら訴えるとまでしているようだ。ニューヨーク・コレクションでファッションショーを開催するカニエは、そのショーに関わる全ての関係者に秘密保持契約を結ばせ、自身、妻キム・カーダシアン・ウェスト、娘のノースちゃん(2)についての情報をもらすことを禁止し、そのルールを破った場合には1000万ドル(約12億円)の損害を求める訴訟を起こす可能性もあるとほのめかしているという。

ある関係者はデイリー・ミラー紙に「カニエはその契約を結ぶことを求めたことで、有名なモデル数人を怒らせてしまったようですよ。特に、カニエについて話した場合は最高1000万ドルの損害を求める可能性もあるとまで書いてありましたからね」「あまりにも馬鹿げた額なので、数人のモデルはきっぱりと断ったみたいですね。カニエは素晴らしい才能があるとはみなされておらず、ただのマスコミ向けのショーであるとみんな知っていますから、何人かのモデルは関わりたくないんでしょうね」と明かす。

そんなモデルたちを怒らせてしまったカニエだが、ショー直前になって「カニエ・ウェストXアディダス・オリジナルズ・コレクション」をお披露目したいと発表したために、デザイナー仲間のアン・ボーウェンを困惑させてもいたようだ。そのカニエの発表を受けて、アンはカニエとの日程に重ならないように自身のショーの日程を変更せざるを得ない状況になってしまったようで、「カニエは自分がマスコミをにぎわす人物だってこと、そして、こんなことをするのが倫理的によくないことくらい知っているわ。私達がダビデで彼がゴリアテみたいだわ。このショーに私達は心と魂を捧げているの。こういう形で踏みにじられるべきではないわ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop