レネー・ゼルウィガー、『ブリジット・ジョーンズ』最新作に向けて体重増加

レネー・ゼルウィガー(46)が新作『ブリジット・ジョーンズ・ベイビー』に向けて体重を増やしているようだ。人気シリーズで再びヒロイン役を演じるレネーは、ポテトフライやシェイクなどの高カロリー食品を中心とした食生活で体重を増やしていると言われている。ある関係者はザ・サン紙に「レネーはやせ形の自分の体型ではブリジットが演じられないことは分かっていますからね」と話す。

2001年から2004年にかけて撮影された前2作でブリジットを演じた際には、レネーは13キロ近くも増量していた。

シリーズ原作者のヘレン・フィールディングが8年前に執筆したコラムを基にしたこのシリーズ第3弾の撮影は先月にロンドンで開始されている。コリン・ファースもおなじみのマーク・ダーシー役を続投することになっているが、出演を決めるにはコリンに合わせて脚本に手直しを加える必要があったというエピソードをコリン自らが明かしていた。「3作目を作るなら僕達がちょっと衰え始めているような違う世代を舞台にしたストーリーじゃなきゃだめだって言ったんだ。たぶん僕たちはその準備が出来ていると思うんだよね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop