ライオネル・リッチー、来年にラスベガス長期公演を開始へ

ライオネル・リッチー(66)が来年にラスベガスで常設公演を開始するという。ライオネルはプラネット・ハリウッド・リゾート&カジノ内にある劇場アクシスで来年4月から「ライオネル・リッチー‐オール・ザ・ヒッツ」の公演を敢行することになる。16日(水)にこのニュースを発表した際ライオネルは「プラネット・ハリウッドで常設公演を始めるのは楽しみで仕方がないよ。ファンのみんなと『オール・ザ・ヒッツ、オール・ナイト・ロング』を一緒に楽しむのが待ちきれないね。すごくエネルギーに溢れたショーになるから、活気あるあの街にはぴったりになるはずさ!」とコメントしている。

ライオネルは4月から5月にかけてと9月から10月にかけてという2期に渡って20公演をする予定となっており、『オール・ナイト・ロング』『ハロー』『スタック・オン・ユー』『ダンシング・オン・ザ・シーリング』『セイ・ユー、セイ・ミー』など定番のヒット曲の数々を披露することになる。

ライオネルは息子マイルズと話し合った後にこのラスベガス公演を決めたそうで、LAタイムズ紙に「うちの21歳の息子に『マイルズ、ベガスで公演するのってどう思う?』って聞いたら、『マジかよ、それって世界最高にクールなことじゃないか!』って言われたんだ」「それに新しいことを試したり、業界の今に近付くのにもぴったりな場所だと思うんだ」と話した。

最近ではブリトニー・スピアーズが同市内での長期公演を延長しているほか、セリーヌ・ディオンやエルトン・ジョン、ジェニファー・ロペスなども常設公演を設けている。

「ライオネル・リッチー‐オール・ザ・ヒッツ」は来年4月27日に皮切られる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop