アイス・キューブ、新作『クリスマス・キャロル』でスクルージ役に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイス・キューブがチャールズ・ディケンズ著作『クリスマス・キャロル』を基にした最新映画の中でスクルージ役を演じることになったようだ。伝説のラッパーグループN.W.A.のメンバーであるアイスが、ティム・ストーリー監督がメガホンを取る『クリスマス・キャロル』の中でメインキャラクターを務める。

デッドラインによるとディケンズ著作『クリスマス・キャロル』を現代版に仕立てたこの新作では、アイス演じる金の亡者スクルージが過去、現在、未来のクリスマスの名を持った精霊たちによって改心させられていくストーリーになるという。

その一方で現在海外で公開中のN.W.A.を描いた映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』が多くの賛否両論の意見を受けていることに対してアイスは「みんな独自のバージョンのN.W.A.ストーリーを作ってくれればいいんだよ」「エルヴィスについての映画がたくさんあるように、俺たちもN.W.A.を題材にした映画をもっと作たっていいんだからさ」とコメントしている。

しかし『ストレイト・アウタ・コンプトン』のプロデューサーも務めたアイスは同作の中にいくつかの事実が含まれていなかったことを批判されていることについては「とはいえ、映画の中に入れる内容については僕らの伝えたかったことを選んだというのはあるね。だから映画の中に含まれていること以上に大きな出来事はあったね」と認めていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop