ミーガン・フォックス、ズーイー・デシャネルに代わって『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』主演へ

ミーガン・フォックスがズーイー・デシャネルに代わって人気ドラマ『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』のヒロイン役を演じることになった。8月に夫ジェイコブ・ペチェニクとの間に第1子を出産したばかりのズーイーが産休中であるため、ミーガンが同番組でその穴を埋めることになったという。産休後には復帰予定のズーイー演じるジェスが陪審義務のために隔離されているという設定の元、ミーガンが演じる魅力的ではっきりしたタイプの薬剤販売員のリーガンがジェスの部屋を借りることになり、騒動を巻き起こすという展開になるようだ。

同番組の製作総指揮を務めるエリザベス・メリウェザーはミーガンについて「あんなに美人なのにあんなに面白いなんて信じられませんが、受け入れるしかないようですね」「私は『40歳からの家族ケーカク』以来、ミーガンのコメディの才能の大ファンでしたので、番組に迎えることに感激しています。この役を書いた時にはミーガンのことを頭に思い描いていたんです。彼女はやってきて、おなじみメンバーを混乱させるにはぴったりの人材ですよ」と期待を語っている。

そんな新作の出演が決定し、仕事では絶好調の様子のミーガンだが、先日には5年間の結婚生活を送ったブライアン・オースティン・グリーンとの離婚申請をしたところだ。ミーガンは2人の息子について身体的および法的な共同親権を求めている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop