ビートルズの初契約書、ニューヨークで約900万円で落札!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビートルズの初契約書がニューヨークで7万5000ドル(約900万円)で落札された。同市内のヘリテージ・オークションズで競売にかけられたその契約書は、1961年にドイツのハンブルグでジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スター加入前のメンバーであったピート・ベストによってサインされたものとなっている。その中には人気の童謡のロックバージョンでドイツのみでリリースされたビートルズの初シングル『マイ・ボニー』についての詳細が記載されている。

当時ビートルズはハンブルグのトップ・テン・クラブでトニー・シェリダンのバックバンドを務めており、このファーストシングルはトニー・シェリダン・アンド・ザ・ビート・ブラザーズという名でリリースされていた。ヘリテージ・オークションズのディーン・ハーメイヤー氏は、ビートルズのドイツでの活動が後にバンドのマネージャーとなるブライアン・エプスタインの目に留まり、スターダムへとのし上がっていくきっかけとなったとBBCに説明している。「もし彼らがハンブルグでの下積み時代を過ごしていなかったら、後の成功は築けなかったかもしれません」「『マイ・ボニー』をレデコーディングしていなければ、ブライアン・エプスタインの目に留まることもなかったかもしれないのです」

この契約書の翌年にビートルズはエプスタインの元、初のヒットシングルとなる『ラヴ・ミー・ドゥ』をレコーディングするに至っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop