ブリー・ラーソン、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』出演?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリー・ラーソンが『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』に出演する可能性が出てきた。当初エマ・ストーンが実在する伝説の女子テニス選手ビリー・ジーン・キング役に予定されていたもののスケジュールの都合で降板が決まったため、今回ブリーがその話が回ってきたところのようだ。

同作品は1973年、当時29歳で女子テニス世界ランキング2位だったキングが当時55歳だった元ウィンブルドンのチャンピオンのボビー・リッグスに試合を挑まれ、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ(男女間の戦い)」として名を打たれて賞金10万ドル(約1200万円)をかけて試合を行った事実のストーリーを映画化することになる。

そんなブリーは先日、昔は映画の宣伝のためにレッドカーペット上を歩くことをとても恐れていたが、ドレスアップすることで自信を持つことが出来るようになったと話していた。「レッドカーペットの上を歩くことを以前はとても恐れていたの」「カメラマンたちが大きな声で叫んでいるし、何も見えなくなるからよ!」「普段私はドレスアップもメイクアップもするタイプではないのよ。だからドレスアップすることをとても楽しいと感じるようになったの」「素晴らしい衣装を身に着けることには私たちの感覚を変え、自信を高めてくれるパワーがあるってことを学んだのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop