ドレイク、トロントにレストランをオープン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドレイクが21日(月)、トロント内に新規レストランをオープンした。ドレイクは音楽活動の傍ら、同店の料理長を務めるスサー・リー氏と提携してフリングスという名のアジア料理レストランを立ち上げた。カナダ出身のドレイクは故郷であるトロントに開店したこのレストランで祝宴用メニューを用意し、交際が噂されるテニス選手セレーナ・ウィリアムズのほか、ジェイダ・ピンケット=スミスとジェイデン・スミスの親子などを招いてオープンを盛大に祝ったようだ。

ドレイクは精力的にそのイベントに従事していたようで、シャンペンとカナッペをVIPエリアでたしなんでいたセレーナやジェイダにハンバーガーやフライドポテトなどを運んでいたりもしていたという。

同店ではリー氏の影響を受けたアジア料理のほか、高級おつまみなどが提供されているとファッション誌は報じている。

ドレイク本人からこの新事業についてのコメントは出されていないものの、数日前にグラフィックアートをヴァインに投稿してフリングス開店について発表していた。そのアニメ風のショートクリップでは店名が最後に表示され「トロントにフリングスをオープンすることをとても楽しみにしているよ!スサー・リーとのその家族たち、おめでとう!」とドレイクがコメントを添えていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop