ノーティ・ボーイ、ジャネット・ジャクソンをプロデュースへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーティ・ボーイがジャネット・ジャクソンの復帰作に参加しているようだ。サム・スミスやエミリー・サンデーなどをプロデュースしてきたことでも知られるノーティがジャネットとミッシー・エリオットによる『バーンイットアップ』というタイトルと見られる楽曲のリミックスを手がけているようで、ニューアルバム『アンブレイカブル』の先行シングルとしてリリース予定だという。ノーティはデイリー・ミラー紙に対して「僕はジャネットがミッシー・エリオットをフィーチャリングした曲に取り掛かるところなんだ。かなりビッグなコラボになるよ。2人にとってすごく盛り上がっている時期だからね」「僕はイギリス市場向けにその曲をリミックスするんだけど、ジャネットと近々会えるのを楽しみにしているよ」と語っている。

ジャネットにとって2008年の『ディシプリン』以来となる新作アルバム『アンブレイカブル』は10月3日リリース予定となっている。

一方でノーティは先週、ビヨンセとアロー・ベンジャミンが参加した新曲『ランニン(ルーズ・イット・オール)』を発表したところで、その曲に対するこれまでの反応にも満足しているようだ。ノーティはコラボして以来ビヨンセとも親しい関係を築いているそうで「ビヨンセとの曲の仕上がりにすごく満足しているんだ。彼女はすごく良い人だし、しょっちゅう携帯メールもやりとりしているんだよ」と明かしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop