リドリー・スコット監督、『プロメテウス』続編3作品制作宣言!

リドリー・スコット監督(77)が『プロメテウス』続編が第4弾まで続くことを明らかにした。スコット監督の代表作『エイリアン』の前日譚として作られた『プロテメウス』であったが、単体の作品として確立し2017年に同作品の第2弾が発表されたあとさらに2作品が制作されることをスコット監督が宣言したのだ。「最終的な本編を始める前に『プロメテウス』は語るべきストーリーを持っているんだ。ただそれは次回作では語られないよ。『エイリアン』のシリーズに戻る前に、その内容は次々回作品、もしくは第4弾の中で語られるかもね」

『プロテメウス』第2弾は2人の科学者ノオミ・ラパスとローガン・マーシャル=グリーンが地球上における人類の起源を探るストーリーとなる。

『オデッセイ』『エクソダス:神と王』などでも知られるスコット監督はコリダーのインタビューの中で「その作品の全体のポイントは『エイリアン』シリーズの解説であり、なぜ、そしてどうやってエイリアンが作り出されたのかを明かすことになるんだよ」と続け、『プロテメウス』第2弾の中で『エイリアン』シリーズに直結させるには早すぎると続けた。

そんな期待高まる『プロテメウス』第2弾は2017年5月公開予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop