ディカプリオの元恋人バー・ラファエリが結婚

レオナルド・ディカプリオの元恋人バー・ラファエリ(30)が結婚した。イスラエル出身のモデルであるバーは24日(木)、同国ハイファ近郊にあるキャメル・フォレスト・スパ・リゾートで家族と友人約300人が列席する中ユダヤ教の伝統的な結婚式を執り行い、2012年から交際していた実業家アディ・エズラと晴れて夫婦となった。

その野外で執り行われた素晴らしい式の中で、有名なユダヤ教の聖職者デヴィッド・グロスマンを前に2人は愛を誓ったようだ。ある関係者はE!ニュースに「式は夢を見ているようでした。親しい友人や家族でいっぱいで、有名人やモデルもいました」「場所も最高でしたし、バーはこれ以上幸せなことはないでしょう」と話した。

アリク・ワインスタインと2年間の結婚歴があり、ディカプリオとは復縁と交際を繰り返してきたバーは、自身の新たな門出にクロエのウェディングドレスを身にまとい、イスラエルの歌手シュロミ・シャバットが『ザ・ビギニング・オブ・ザ・ワールド』を歌う中、バージンロードを歩いた。その後ブルーノ・マーズの『マリー・ミー』が流れる中、アディが2人の契りを確固たるものにする意味でガラスのコップを踏んで結婚式を締めくくった。

それから招待客は紫のスポットライトやイルミネーションライトが装飾された大きなテントの中へと場所を移して披露宴パーティーを楽しみ、お色直ししたバーはそこで同じくクロエのドレスで登場した。

そんな大掛かりで注目の的となったこの結婚式の前には、航空交通の規制についてひと悶着あり、先週には合同航空当局が結婚式会場上空の交通規制を許可していたものの、イスラエル・カッツ運輸相がその決定を覆していた。結局、結婚式の当日には許可を得た飛行機が会場上空を飛行することが許されたが、気球、ヘリコプター、いくつかのドローンなども目撃された。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop