ザ・ストロークスがスタジオ入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ストロークスが再びスタジオ入りをしていることを認めた。2013年に『カムダウン・マシン』をリリースしている同バンドだが、27日(日)にワシントンD.C.で開催されたランドマーク・ミュージック・フェスティバルでフロントマンのジュリアン・カサブランカスが曲作りを進めていることを認め、ツイッターではこのニュースを喜ぶ声が寄せられている。ファンの1人は「『もうすぐ戻ってくるよ。スタジオ入りするよ』ジュリアン・カサブランカス。ザ・ストロークス、2015年9月27日、認める」とジュリアンの発言を引用し、他のファンたちも同様に同じようなツイートしてこのニュースを喜んでいる。

ザ・ヴォイズのフロントマンでもあるジュリアンは、以前両方のバンド活動を両立させたいと話していた。ザ・ストロークスとのスタジオ入りについて話していた際に、ジュリアンは「『カムダウン・マシン』以来こんなに集中して曲を書いているのは初めてなんだ。レコーディングする予定だよ。俺らがまだクールなことができるって思うし、そうするつもりだよ。できるなら両方のバンドをやりたいと思っているんだ」とコメントしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop