ジェイソン・デルーロ、パーティーで騒いで警察から出頭命令

ジェイソン・デルーロの自宅に27日(日)、警察が3回も駆けつけたようだ。何百人もの友人を自宅に呼んで昼間からパーティーを楽しんでいたジェイソンだが、通りに200もの車が駐車し交通に支障をきたしたり、「許容できない」レベルの騒音が発生したりしたことから隣人たちに大迷惑をかけたようだ。TMZによれば、警察は騒音を抑えるために呼ばれたものの、状況を改善することができず、2時間後に再び現場を訪れ、遂にはジェイソン宅に入ってジェイソンに騒音のことで出頭命令を出したという。

その後も、外で喧嘩が発生しているとして隣人が通報し、警察は結局計3度も出動することになった。

そんなジェイソンは先日もカリフォルニア州リノから次のライブの地であるロサンゼルスへ向かう飛行機から追い出されるハプニングに見舞われていたばかりだ。チェックインの手続きを早く済ませるためにアシストを手配しようとしたジェイソンだったが、それを断られたことで自身とボディガードがサウスウェスト・エアラインのスタッフと口論になり、そのボディガードがスタッフと過激な言葉で言い合いになったことでジェイソンとボディガードは飛行機から連れ出されることになったというわけだ。この件に対して質問を受けたジェイソンは「大丈夫だよ。今月飛行機を買うからね」と気にしていないそぶりを見せていた。

ジェイソンの代理人はジェイソン自身は搭乗を許されていたが、連れが許されていなかったために飛行機を自ら降りたと主張している。これにより、ジェイソン一行は全員、空港職員によって飛行機から連れ出され、結局プライベートジェットでロサンゼルスへと向かっていた。ジェイソンは同航空会社の対応について完全にショックを受けていたという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop