クリス・ブラウン、娘の共同親権を獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ブラウンの娘ロイヤルティちゃんを巡った親権争いに決着がついたようだ。今回の判決により、クリスはロイヤルティちゃんの身体的および法的親権を元恋人ニア・ガズマンと共有することになった。この結果を受けクリスは「裁判所は今日最高だったよ。上手く行ってよかった...俺の弁護団に感謝するよ。俺たちが今日得た結果にすごく幸せだ!」とその喜びを綴っている。

クリスは裁判所に月12日間、監察官なしでの訪問を許可され、未払いになっている1万5000ドル(約180万円)のほか月2500ドル(約30万円)の養育費をニアに支払う旨を告げられたとゴシップサイトのTMZは報じている。

そんな中、先日にはクリスがロイヤルティちゃんのためにパーティー三昧の生活に別れを告げるつもりであると関係者が明かしていた。「クリスは健康でしっかりした意識を持った親になりたいので、お酒やその他の悪影響のあるものを止めようとしているところです。誰かや何かのせいで頭が鈍ったり間違った決断をしたくないんです」「クリスはロイヤルティがする全ての成長過程をはっきり目にしたいんです。靴を履こうとしたり、トイレトレーニングをしたりなど、ほんのわずかなことでも見逃したくないんです。彼の生活と世界は今、ロイヤルティが全てですからね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop