ブレイク・ライブリー、自身のライフスタイルサイトを閉鎖

ブレイク・ライブリーが自身のライフスタイルサイトPreserve.usを閉鎖することにしたようだ。2014年8月に立ち上げたウェブサイトであったが、人々の生活に同サイトが効果をもたらしていないという理由から来週には閉鎖すると発表した。ブレイクはVogue.comに対し「素晴らしい仕事をするチームで活動してきたのだけど、私たちはしっかりと準備が出来る前このサイトを立ち上げてしまい、根本の目的に追いつくことが出来なかったのよ。表面上にせよ有意義な形にせよこのサイトは人々の生活を何も改善していないの。でもそれこそが私がこのサイトを立ち上げた理由だったわけで、『私はセレブよ!みんな私の言った事なら見てくれるわ!』とかそういったモノではなかったのよ」と閉鎖の理由を語る。

しかしブレイクは今回の閉鎖によって負け犬としてのレッテルを貼られることになるかもしれないものの、将来的にこのサイトを再始動させてその評価を覆すつもりだと続ける。「今回の件でどんな風に思われるか、マスコミにどんな風に書かれるか、みんなにはやし立てられることなんて分かってるわ。でもこのマイナスな反応に対して私が唯一出来ることは、新たな計画を持って再び戻ってきて人々を感心させることだけよ。もう新しいそのプランも持っているしね」「ワクワクするけど同時にとても怖いわ。こんなことをする勇気を自分が持っているなんて今まで知らなかったわ。悪い部分を見つけて『私が影響を与えるものだと分かっているほどに人々にインパクトを与えるものを作り上げることが出来なかったわ。だから私たちチームが誇りに思えないサイトにずっと製品を出し続けるのはやめましょう』って言えるなんてね」

同ウェブサイトは今月9日に閉鎖されることになっているが、再始動する際には「プリザーブ」というサイト名も変えることになるかもしれないようで「プリザーブって名前はとても好きなの。でもプリザーブっていう名前によってジャムに関連したサイトだと思われるなんて予想もしていなかったの!人って何かに夢中になりすぎている時ってこういうことを一切考えていないものなのよね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop