キャサリン・ジェンキンスが女児を出産!

キャサリン・ジェンキンス(35)が女児を出産した。キャサリンと夫アンドリュー・レビータスの間に第1子となる女児が誕生し、アアリヤ・レインちゃんと名付けられたという。先月30日、キャサリンは自身のツイッターに赤ん坊の手と足が写された写真を投稿し、「私たちの娘アアリヤ・レイン・レビータスを紹介します。愛に溢れた中、7ポンド(約3170グラム)近くで騒がしく生まれてきました」「私たちはこの子にすっかり夢中で、こんなに幸せで健康な小さな美しい奇跡を授かったことに心から感謝しています」とこのニュースを発表した。

キャサリンは今年の4月に第1子を妊娠中であることを発表しており、結婚式の写真の上に赤ちゃん用のピンクの靴を乗せたイメージをインスタグラムに投稿し、「私の小さな女の子に会うのが待ちきれません!」とキャプションを添えることで、女児を妊娠したことを報告していた。その後さらに、「秋に私達の第1子を迎えることができることに感激しています。家庭を持ち、私達の人生の中でワクワクするこの時期へと突入することに対し、本当に感謝していますし、願ってもないことです」とコメントを付け加えていた。

昨年9月に挙式した2人だが、その直後からキャサリンはアンドリューとの子供を持つことが待ちきれないと語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop