マイケル・ジャクソンの子供たち、リアリティ番組にカメオ出演へ

マイケル・ジャクソンの甥TJ・ジャクソン(37)の新リアリティ番組にマイケルの子供たちがカメオ出演を果すことになった。マイケルの子供たちの祖母にあたるキャサリン・ジャクソンと共に子供たちの共同保護者を務めているTJが、自身の新番組『ザ・ジャクソンズ:ネクスト・ジェネレーション』にプリンス(18)、パリス(17)、ブランケット(13)が登場し珍しく表舞台に姿を現すことを明らかにした。その番組には、TJが所属する3Tのメンバーのタジ(42)、タリル(40)も登場する予定だ。 

そんなTJはマイケルの子供たちのことをとても誇りに思っており、2009年6月に50歳の若さでこの世を去ったマイケルのことを思い出させる存在であると語る。「子供たちの心は素晴らしいんだ。叔父のマイケルのことをたくさん思い出させてくれるよ。この子供たちがどれだけマイケルが素晴らしいことをしたかってことを示しているよ。僕らは本当に親密に育ったからね。そこには家族としてのプライドが確実にあるんだ」

さらに、タジは同番組がこの有名な一家に渦巻くいくつかの噂を一掃するとPEOPLE.comに話している。「テレビをつけると自分の家族についてのジョークを聞くことがあるよ。99パーセントにおいては事実ではないね。真実を示すことが大事だったんだ」

続いてタリルは「自分の一家と叔父たちが沢山の人に影響を与えたし、それが僕らがやりたいことなんだ」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop