ハイディ・クルム、恋人に高額のプラスチック製カタツムリをプレゼントさせる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイディ・クルム(42)の恋人が2万2000ドル(約264万円)のプラスチック製のカタツムリをプレゼントした。26日(土)に行われた第7回amfARミラノのオークションに出席した際、ハイディは恋人のビトー・シュナーベルにそのカタツムリを購入するように促し、ビトーが大金で落札するに至ったという。その際ハイディはステージ上からビトーに向かって「ビトー、私にあのカタツムリを買ってくれると思ったんだけど!」と促したそうだ。

ハイディはその後、クラッキング・アート・グループ製作による3メートルにおよぶその巨大カタツムリを自身の庭に飾るつもりであることを明かしている。

エイズ撲滅を目指す同チャリティ団体に向けて160万ドル(約1億9000万円)の寄付金を集めることに成功した今回のイベントでは、ブロンディのボーカルであるデボラ・ハリーがパフォーマンスを披露した。また、オークションでは1970年にミック・ロックによって撮影されたデボラの写真が2万4500ドル(約294万円)という高額で落札されたほか、『ワイルド・スピード』で知られるミシェル・ロドリゲスが出品したフェラーリを初めとするスポーツカーでラスベガスをレースする権利をフェラーリの経営一族であるラポ・エルカンが8万3000ドル(約997万円)で落札した。

ミラノで行われた同イベントには他にもシアラやナオミ・キャンベルらも出席し、スウェーデン出身バンドのアイコナ・ポップもまたパフォーマンスを披露した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop