ジョニーデップ、 娘の早いデビューを心配

ジョニーデップ(52)は娘がファッション界でキャリアを積むことに不安を隠せないのだそうだ。ジョニーと元恋人ヴァネッサ・パラディとの娘リリー=ローズはシャネルのアイウェアの広告塔を務めたり、映画2作品への出演を果たすなどファッション界と映画界でのキャリアをすでに始動させているが、ジョニーは16歳という若さで娘がセレブリティのライフスタイルを送り始めることが心配でならないと独版ガラ誌に語っている。「正直に言うと、とても心配しているんだ。リリー=ローズがこんなことになるなんて全く予想していなかったよ。特にこの歳でね。だけど、それが彼女の情熱であって、楽しんでいるみたいだね」

さらにヴァネッサとの間に13歳の息子ジャックももうけているジョニーはリリー=ローズの決断を完全に支援し、自身がリリー=ローズの開花しているキャリアを導くための術を持っていると思っているようだ。「彼女はいつも僕がついているってわかっているよ」

そんな娘のことを心配するジョニーは最近、現在の妻アンバー・ハード(29)を喜ばせることにも余念がなく、自身の愛するヨットを売却していた。ジョニーは2007年に購入した157フィート(約48メートル)もの長さを誇るヨットを当時パートナーであったヴァネッサにちなんで「ヴァジョリロージャ号」と名付けていたが、アンバーがそれに嫉妬を抱いて乗船を拒んだことから、最近売却することになったようだ。関係者の1人はUsMagazine.comに「ジョニーはあのヨットが大好きでした。ですが、ヴァネッサのために購入したものだったのです。アンバーはまだヴァネッサに対して嫉妬心があるようですね」とコメントしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop