サム・スミス、 英チャートの歴史を塗り替える

サム・スミス(23)が手掛けた新作映画『007 スペクター』の主題歌が英チャートで歴史を塗り替える快進撃を繰り広げている。サムの新曲『ライティングス・オン・ザ・ウォール』は、7万もの売上枚数とストリーム視聴数を記録し、「007」シリーズの主題歌としては初快挙となるチャート1位に輝いた。

サムはOfficialCharts.comにその喜びを語っている。「『ライティングス・オン・ザ・ウォール』の制作を依頼され、レコーディングしたことは本当に光栄だったよ。『007』シリーズのテーマソングの中で初めて1位を獲得したなんて、最高だね。この古い歴史を誇るイギリスの作品において、バーバラ(ブロッコリ)とサム(メンデス)と一緒に取り組めるなんて忘れられない経験だよ。僕のファンがいなかったらできなかったし、決して忘れることのない特別な瞬間だよ」

『007』シリーズ主題歌史上サムの『ライティングス・オン・ザ・ウォール』の次にチャート上位を獲得した曲は、アデルの2012年作『スカイフォール』とデュラン・デュランの1985年作『ア・ビュー・トゥ・ア・キル』となり、両曲とも最高2位に輝いている。

さらに、チャート1位のニュースを知ったサムは、BBCラジオ1出演時に「僕が今まで出した全ての曲で、トップ10入りを果たすことさえ期待していなかったし、1位なんてとんでもない。信じられないよ」とコメントを続けた。

5日(月)は「007」シリーズの50周年を記念するグローバル・ジェームス・ボンド・デーであったことも後押しして、サムの新曲は現地時間同日の午前12時7分を回った時点で後を追うジャスティン・ビーバーの『ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?』に1万3000枚もの差をつけていた。

『ライティングス・オン・ザ・ウォール』の完全版ミュージック・ビデオはサムが公開することになるようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop