エド・シーラン、 コートニー・コックスの結婚式で司祭役を務めることに!

エド・シーランがコートニー・コックスの結婚式で司祭の役を務めることになった。コートニーとスノウ・パトロールのジョニー・マクデイドのキューピッド役を果したエドが、結婚式で2人の夫婦の誓いを成立させる役を担うことになるようで、ある関係者は「コートニーもジョニー、それに多くのファンたちもエドが聖なる結婚の誓いの場にエドが参加することが本当にふさわしいことだと思っています」「エドは挙式の後にバラード数曲をパフォーマンスすることをすでに承諾していますので、結婚を成立させる役を担うのも不思議なことではないようにみえます」

さらにエドの親しい友人が、エドが2人の結婚式を特別にするためならどんなことでもやる意向だとデイリー・スター紙に語る。「エドはジョニーとコートニーのキューピッド役になったことを本当に誇りに思っているんです。エドは2人にその特別な日を本当の意味で思い出に残るようなものにするためになんでもすると伝えたようですよ」

そんな中、コートニーは最近、エドが結婚式でパフォーマンスすることを認めたものの、その他の結婚式の計画は11歳になる娘ココちゃんに任せていると明かしていた。 「私たちはエドに紹介してもらったことを間違いなく感謝しているわ。だからエドが結婚式で何も演奏しないなんて想像もできないわ。間違いなく音楽中心のパーティーになるでしょうね」「ジョニーと私はまだ計画をしているところなの。とは言ってもココはウェディング・プランナーになりたがっていて仕切っているんだけどね!私たちは焦っていないけど、何か近々したいとは思っているわ...どちらかと言えば花嫁介添人になるのを待ちきれないココのためにね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop