ジェシカ・アルバの体型維持の秘訣は朝のヒップホップ・エクササイズにアリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェシカ・アルバ(35)は毎朝ヒップホップにあわせてエネルギー消費の高いエクササイズを行っているそうだ。エコな家庭用品を展開するオネストカンパニーの共同創業者であるジェシカは、朝にエクササイズをするとすがすがしい気持ちになるという。

朝の習慣について質問されたアルバは「ヒップホップの曲にあわせてエネルギー消費量の高いエクササイズ。朝食はバナナとコーヒー、もしくは抹茶入り緑茶のスムージーね」と答えている。

さらに、夫キャッシュ・ウォーレン、7歳と4歳の娘たちと一緒にベッドの中で目覚めることもよくあるというジェシカは、日が昇ると共におのずと娘達にベッドから追い出されてしまうとエピソードも明かした。「娘達と一緒に寝ることになったら、娘達の足が私の背中を押してしまうのよ」

また、体型維持のためにヒップホップにのりながらのエクササイズに加えジムのスピンクラス、ヨガもしているというジェシカは食べ物にも気を使っており、仕事の時にジャンクフードを食べないようにヘルシーなスナックを持参しているという。「体型維持ができるようになんでもしてるわ。ホットヨガ・スカルプト、スピニング・クラス、トレッドミル、サーキットトレーニング。いろいろ混ぜなきゃならないの」「(1日を通して)レモンのスライス入りの水をたくさん飲むし、(私のバッグの中に持参した)オーガニックのフルーツ果汁のすっぱいグミを食べるの」

とはいえ、ジェシカはベーコンなどの食事も時折楽しむことを許しているのだという。「私、ベーコン、テキーラ、キャビアが大好き。でも、それらに対して罪悪感はないわ!」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop