『スター・ウォーズ』レイア姫が身に着けたビキニ、1150万円で落札!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』でキャリー・フィッシャー演じるレイア姫が身に着けていたビキニが9万6000ドル(約1150万円)で落札された。 『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』の中でレイア姫がジャバ・ザ・ハットに捕らえられ際に着ていた有名なビキニ、さらにそのビキニにつけられていた首輪、チェーン、そしてインダストリアル・ライト・アンド・マジック社のデザイナーであるリチャード・ミラー提供と記された証明書付きのセットが2日(金)、オンラインオークションのプロファイルズ・オブ・ヒストリーを通じて匿名の落札者の手に渡ることになった。ちなみにこのビキニは8万ドル(約963万円)から入札がスタートしたそうだ。

レイア姫演じたキャリーはこのビキニが大嫌いだったことは有名で、「これぞまさにスーパーモデルたちが窮地に立たされたときに仕方なく着るものよ」と言った逸話も残っている。

さらに同オークションではレイア姫が乗っていた宇宙船「ブロッケード・ランナー」のミニチュアモデルが20万ドル(約2400万円)からスタートし、最終的にビキニの額を超える45万ドル(約5400万円)で落札され、スターウォーズ関連商品の中では最高額の値を付けた。

そんなキャリーは今年12月公開予定のシリーズ第7弾作品『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で再びレイア姫として登場することが決まっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop