ウィルスミス、来年ワールドツアーを敢行へ

ウィルスミスが来年にワールドツアーを計画しているようだ。コロンビア出身のボンバ・エステレオの『フィエスタ』をリミックスした10年ぶりとなるシングルを発売したばかりのウィルは、元パートナーのDJジャジー・ジェフと再タッグを組んで世界中を回りたいようだ。ビーツ1ラジオに出演した際ウィルはゼイン・ロウに「実はジェフとちゃんとしたツアーを一緒にやったことってないんだ。僕はいつも『ベルエアのフレッシュ・プリンス』に出てたり映画の撮影中だったりしたからね」「だから来年の夏こそ、ちゃんとしたワールドツアーに初めて出る方向で考えているんだ。かなり緊張するけどね」と語った。

最近ではミュージシャンとしてよりも俳優としての活動が目覚ましく、2度の結婚で3人の子供をもうけているウィルだが、公開が控える新作スリラー映画『スーサイド・スクワッド』の撮影が音楽界への復帰に向けて刺激となったそうで、10年間の活動休止期間を経て最近すでに30曲ほどを書き上げたのだという。「僕はいつも何か違うことをやっていたよ。子供を作ったりね。子供ってやっぱり注意がいってしまうものだろ。だから今はサビやらほこりやらを取り除いている過程なんだ」

4度のグラミー賞受賞経験を持つウィルは、新曲『フィエスタ』の中で英語とスペイン語でラップを披露している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop