アレキサンダー・ワンの後任はヴェトモンのデザイナーか!?

アレキサンダー・ワン(31)がバレンシアガのクリエイティブ・ディレクターを退いた後、ヴェトモンのデムナ・ジバサリアが就任するではと噂されている。2日(金)にアレキサンダーがパリ・コレクションでバレンシアガ最後となるランウェイショーを終えたことでその後任候補に注目が集まっているが、関係者によるとサカイの阿部千登勢も候補として名を連ねる中でヴェトモンのデムナ・ジバサリアが既に後任を引き受けた可能性もあるという。「最も有力視されているのがヴェトモンのデザイナーです。すでに後任を引き受けたと言っている人もいます」

安部とデムナのほかにも、ニコラ・ゲスキエールの下でかつて共にバレンシアガで働いていたマックキューのアリステア・カー、パコラバンヌのジュリアン・ドッセーナも候補者リストに名が挙がっているようだ。

そんなアレキサンダーはバレンシアガでの最後となる2016年春夏コレクションについてこう話していた。「バレンシアガは革新で知られているブランドですし、シンプルで控えめな服、技巧がほどこされた作品にしたかったのです」さらにアレキサンダーは「(バレンシアガで働くことができた)この機会を本当に感謝していますし、次の章に進むことを楽しみにしています」とコメントし、後任候補については沈黙を守ったものの、新たな一歩を踏み出す準備ができているようだった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop