アシュレイ・ジャッド、業界内でのセクハラ体験を告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アシュレイ・ジャッドがハリウッドで最も権力を持つ人物の1人にセクハラを受けた過去を明かした。アシュレイはその人物の名前は明かさなかったものの、90年代後半に『コレクター』の撮影を行っていた際、ライバル映画製作会社の重役に何度もホテルの部屋に呼び出され、シャワーを浴びている様子を見る様に要求されたのだという。「彼はとてもこっそりとやっていて慣れている感じだったわ。お決まりのせりふ『ホテルに来てよ、何か一緒に食べよう』なんて言って私を誘い出そうとしていたの」「徐々にそういったことをやってきたのよ。本当に気持ち悪かったわ。『着ていく洋服を選ぶのを手伝って欲しい』とか言って誘い出そうともしていたわね。色んな交渉をしてきたわ」「すべてに対して嫌だと言い続けても、彼は私とは不釣り合いな、全てをコントロールできる大きな力を持っていたのよ」

そんなアシュレイはこの出来事の数年後、多くの女優たちが同じ経験をしていたことを知ったといい「他の女優たちと一緒にこの事について話しているときに全く同じ経験をしているってことがわかったの。お互いの強化と解決のための対策が生まれたわ」「私が回避してきたこと全て、例えば『僕がシャワーを浴びているところを見てくれる?』って言われたこととかを話すと、私と一緒に座っていた女性達がみんな声を揃えて『彼、私にもそれを言ってきたわ』って言ったのよ」と続ける。

同人物と一悶着あった後、アシュレイはこの人物が働く映画製作会社から出演依頼を受けることは一度もなく、自分の行動を責めることもあったというが、後にそのような人物にへつらう必要などないと気づいたと言い「彼に向かって『クソ野郎、警察に電話してやる』って言ったことに対して罪を感じて、自分をとても責めたわ」「でも数年経ってあの出来事の事を考えてみて、あれは絶対に間違いで違法な事だったのだと気づいたのよ」と語った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop