エミネム、義足の少年にプレゼントとメッセージを贈る

エミネムがサイン入りアルバムと心のこもったメッセージを義足の少年に贈った。イングランド南東部に住む10歳のティージェイ・ステイナー君は生まれ持って腓骨がなかったことから1歳2か月の時に右足を切断しているが、自身のプラスチックの義足はエミネムの顔入りにしたのだという。

両親のリチャードさんとジョージナさんはティージェイ君のためにいつもエミネムの曲を流しているそうで、「ティージェイに歌詞やその意味をちゃんと聴くように教えたのです。エミネムのラップは困難な時期を乗り越えるためのメッセージがあり、ティージェイに勇気を持たせます」と説明する。

さらにティージェイ君は「この困難な時期を乗り切らせてくれたことにただ感謝したかったのと、どれだけ僕の決意が固いかエミネムに見せたかったのです」とエミネムの顔を義足にあしらった理由を語る。

ティージェイ君のことを聞いたエミネムは、早速「ティージェイへ。君の写真を見たし、メッセージも読んだよ!応援してくれてありがとう!」というメッセージを添えて2010年リリースの『リカヴァリー』を送ったようだ。

ジョージナさんはデイリー・エコ紙に「ティージェイは小包を受け取ったときにとても喜んでいましたが、パパが仕事から帰ってくるまで開けるのを待っていたんですよ。ティージェイはエミネムからのメッセージを読んだとき有頂天になっていました。彼にとってかけがえの無い経験となりました」とコメントする。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop