ビヨンセの父がスーパースター養成コースを開講

ビヨンセの父マシュー・ノウルズがスーパースター養成コースを始めるという。ビヨンセの所属するデスティニーズ・チャイルドのマネージャーをいまだに務めているマシューは、歌手やダンサー、作曲家、作家、プロデューサー、マネージャー、広報、弁護士、会社の重役を目指す人々やエンターテイメント界におけるありとあらゆる期待の新人をターゲットにした『ザ・エンターテインメント・インダストリー:ハウ・ドゥ・アイ・ゲット・イン?』というセミナーを開くことになったとザ・ハリウッド・リポーターが報じている。

国際的スーパースターを娘に持つマシューが若手育成に関わるのは今回が初めてではなく、昨年にも同じようなクラスを開講していたほか、レコーディング・マネージャーを目指す人々のためにザ・レコーディング・インダストリーでも教壇に立っていた。

そんなマシューのコースには教科書というものが存在しないそうで、「全てのクラスでは生徒達がいわゆる教科書を求めるんだ。でもいつも笑ってしまうんだよ。私のクラスでは教科書がないんだ、私が教科書だからね」と以前に話していた。

ヒューストンの舞台芸術ホビーセンターで今月24日に行われるこのクラスは199ドル(約2万4000円)で受講できる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop