ジュリー・アンドリュース、『メリー・ポピンズ』のリメイクを支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュリー・アンドリュース(80)は自身の主演作『メリー・ポピンズ』のリメイク版を作る時がきたと考えているそうだ。1964年の同ディズニー映画で魔法を使ったり傘で空を飛ぶことが出来るベビーシッターのタイトルロールを演じてアカデミー主演女優賞を獲得しているジュリーは、パメラ・L・トラヴァースによる著書を原作としたこの映画の公開から50年が経った今、新たな世代の子供たちがメリーとバンクス家の子供たちの冒険を楽しめるようにリメイク版を作るのが良いアイデアだと感じているようだ。

リメイク版で誰がメリー役を演じると思うかという質問に対してジュリーは「色んな案はあるけど、誰になるかとか、どんな形になるかについては分からないわ。でもオリジナル作からもう50年も経っているんだから、作っても良い時期よね」と話した。

その一方でジュリーは現在製作が進んでいる新作がオリジナル版と異なるストーリーになることには喜んでいるようで、『トゥデイ』に出演した際、「オリジナル作とは違ったものになるってことは知っているわ。『メリー・ポピンズ』の本はシリーズだったからたしか7作あるの。ディズニーのアーカイブか金庫には7作残っているはずよ。だからこの7作が映画として作られているわけ」と語った。

そんなジュリーは自身でも児童書を出版しており、最近発刊となった7作目となる『ザ・ベリー・フェアリー・プリンセス:ア・スプーキー・スパークリー・ハロウィーン』はテレビアニメ化されることになっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop